マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

穴の開いたチーズ
cheese.jpg
スイスチーズ‐モデル(Swiss cheese model)
リスク管理に関する概念の一つで、「スイスチーズの内部に多数の穴が空いているが、穴の空き方が異なる薄切りにしたスイスチーズを何枚も重ねると、貫通する可能性は低くなる。同様に、リスク管理においても、視点の異なる防護策を何重にも組み合わせることで、事故や不祥事が発生する危険性を低減させることができる。」という
リスク管理の概念のひとつです。
同じく ハインリッヒの法則も 安全管理の上で よく取り上げられるもので
「300(無傷害事故):29(軽傷害):1(重傷害)」
300の「あ~びっくりした!」「ひやっとした!」
「なんともなくてよかった!」という ハッ!とした300の事例の先には
あってはいけないが とりかえしのつかない重症の事故が潜んでいるということです。

連休前に とあるお客様の安全大会に出席させていただいたマルジンマンが
いろいろと実のあるお話を伺ったり 出席者同士がディスカッションするなかで
マルジン社内にも周知したいと 報告書をまとめ
みなに回覧をしています。

その中で
チーズの穴を通らないように気を付けるべき提案がいろいろと示されていました。
作業に係る指示や 作業手順の明確化 注意点の周知など
現場に直接かかわる事項はもちろんですが
現場入場前の書類、雇用保険や社会保険、環境への配慮
そして 作業員の服装や道具、持ち物、日報、成果品の検査等々
いろいろなところへの配慮が必要な時代になってきたということです。
「工事用看板」についても
「汚いのはもってのほか!この看板は当社の看板である!」と
作業に入る前の身支度や道具の管理ができてこその安全作業・・・
全くその通りだと思います。

マルジンでもよく出る話です。
マルジンは 自分の安全ももちろんですが
モノレールをお貸出しするというマルジンの仕事柄
お客様の安全を担っているわけですから
チーズの穴が多い物を貸し出してはいけないのはもちろんです。
管理が行き届いた資機材
劣化した資機材の更新など
投資と安全の切っても切れない関係を熟慮しながら
どこかでチーズの穴を通り抜けてしまわないように
これからも 安全作業を心掛けていきたいものです。

穴の開いてるスイスチーズじゃなけりゃいいのに・・・
ナチュラルチーズとか
北海道の「固チーズ」とか・・・
そんなのがあればいいですけどね。
そうは問屋が・・・

事故はある・・・という前提で
しかし、事故はゼロにできなくとも 少なくはできる・・・
気を付けたいです。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記