マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

エピペン
先週末は病院で「エピペン」処方してもらったマルジンマン
20160905.jpg

「エピペン」とは・・・
ハチに刺されたときに アンフィラキシーショックを発症した時に
症状緩和治療剤をの自分で注射して 危険を避けるものです。
アナフィラキシーショックとは、蜂に(通常2回以上)刺されることによって、
「全身性のじんましん」「血圧低下」「呼吸困難」「意識障害」などを
発症するショック状態を示します。場合によっては、死に至る危険な症状です。
特に、蜂毒によるアナフィラキシーショックは
発症期間が10分~15分程度と非常に短いため、
治療が間に合わず毎年20人程度の方が命を落としています。
このように危険な症状であるため、「蜂に二度刺されたら死ぬ」といった情報も流れています。

8割ぐらいは山岳地での現場でありますマルジンマン
その年間20人に入ることが無いよう
検査で 抗体の数値が高い人には
このエピペンを携帯してもらうようにしています。

スズメバチ,アシナガバチ,ミツバチの3種について,
それぞれのハチ毒に対する血液中の特異的IgE抗体価を検査をしています。
現場によってはこの抗体検査&エピペンの携帯が必須の現場もあります。

じゃ エピペンを買ってみんな持てばいいんですが
そういう一般店頭に並ぶ薬ではありません。
病院で検査してもらって 医師が処方を許可した時に
もらえるものなので・・・

だから 毎年 忙しい中 時間の配分して
検査を受けて
処方してもらって・・・

また 今年も行ってきましたとも~
健康診断だけでなくて 
最近は東北等では電離放射線検査とかも必須だったり
現場に入るまでに いろいろあるんですよ~

っていう話でした。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記