マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

階段が秋
今週のマルジン本社の階段には


金木犀が満開!!


2018100301 (3)
こちらは本社玄関入ってすぐの金木犀。



2018100301 (2)
お次は、階段の中腹辺りにあるお花たち。。



そして最後は
2018100301 (1)
2階に上がりきったところにドーンと大きく。。



金木犀の花言葉は

*謙虚・謙遜
*気高い人
*真実・真実の愛
*初恋
*陶酔

などがあるそうです。
ちなみに

『謙虚・謙遜』を示しているのは
離れたところでもその存在に気付くほどの香りのわりに、
『花』自体は直径1㎝にも満たないほど小さな花。
表面的な自己主張は少ないのに
香りだけで人を癒す力がある。


『気高い人』を示すのは
辺り一面、町中を包み込むような香りを持っているのに
開花しているのはたったの3~4日。

桜を愛でた歌に
「咲いてよし 散ってなおよし」
とありますが、金木犀も同じく
開花後の雨で潔く全てを散らし
地をオレンジ色の絨毯にします。
何も思い残すことも無いかのような潔さから
『気高い』と言われるんでしょうね。


『真実・真実の愛』
どんなに小さな木でも
その存在に香りだけで気付いてしまう
隠しようのない存在。

裏も表もなく、ただ一途に香る花
その姿から言われるのは納得できますね。


『初恋』
これはまさしく金木犀独特の甘酸っぱい香り。
香りだけで一瞬にタイムスリップするような??


『陶酔』
これもまたすぐに分かりますね。
金木犀の香りに酔いしれてしまう。



なんだかどの花言葉も納得行くものばかり。

マルジン本社の階段を通るだけで
色んな気持ち・想いに浸れます。


そんな秋めいているマルジンでした。



梅み














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記