マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

「お金ジャブジャブ政策」


旧知のボーリング屋さんが引越しされることになった。今まで一財産を築き「自宅兼事務所」「広い資材置き場」など持たれ 何人かの従業員と共にこじんまりと仕事をされていた方だ。
今度は「10坪」の場所から夫婦二人で再出発だとのこと。

聞けば どなたか仲間内の保証人になられ家屋敷すべて借金のかたに手放されるとのこと。詳しくはわからないが銀行もそれに対し救済の手を差し伸べてくれなかったとか…。

東証一部上場企業は三期連続で経常最高益更新はほぼ確実な情勢となっているという、また「お金ジャブジャブ政策」またの名を「金融量的緩和政策」も経済の活況に反映し「もう、やーめた!」と日銀総裁が決めてしまったという現在。

われわれにとってみると あまり反映されてないのだなあ?と悲しい。
多分、今までも銀行とは繋がり薄く 地道に仕事をされてきたのだろう。しかし、いざこんなことになって駆け込んでみたところで、あくまで想像だが
「本行との繋がりが無い」
「決算書、経理・税務関係も力をいれていないようだ」
「何十年のローンで 次の経営者は確保できているか?」
「保証人は何人いるか?」
「まずもって、そういう保証人になってしまった経営者の資質が疑わしい」などという 色々な査定項目を通らなかったのであろう。

銀行だって冷徹な鬼ではない。
ただ、結局は他人様のお金を借りて それを貸し出したりで利ざやを稼ぐ企業なのだから「返してくれそうにないところ」に貸すほどお金が有り余っているわけではない。

我々のような零細企業はお客様を大事に営業に行くのと同じように銀行にも「決算書の開示」「試算表・受注状況・資金繰り」こういうものを携えて「信用」を積み上げていくことも まさかの時のために必要なことだ。
これからますます「金利も上昇して」お金も「じゃぶじゃぶ」じゃなくなってくる。雨の時に傘を貸してくれないのが銀行。
「マルジンマンの汗がお金」になっている我社、せめて晴れ間が見えるときに「曇りや雨予報」をたてて「雨」の時にも間接金融から手助けしてもらえるように根回しはしておきたいものだ。

「10坪からの再出発」それも人生!
くさらず、元気で頑張って欲しい。そして自社で「お金チャラチャラ」を目標にしてください!
店長
はじめまして、勉強になりました。また勉強しに来ます!応援ポチしていきます!
2006/03/13(月) 17:50:08 | URL | [ 編集]
マルジンマン
勉強なんてとんでもない・・・。
徒然書いてるだけですから、こちらこそ ポチまでしてくださって ありがとうございます。
2006/03/14(火) 10:32:59 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記