マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

「将来の夢=プライスレス」
kamigata-fuki02.gif

「ぼくは、小さい頃から生き物が好きで、ぼくのうちでも猫とニワトリを飼っていますし、世話もときどきがんばってしています。猫が病気になった時とても悲しかったので、だからぼくは 大きくなったら獣医さんになりたいです。」
「ぼくは総理大臣になりたいです。総理大臣になって貧しい人を助けたいです。」
「私はピアニストになりたいです。そして世界中をまわるのです。」
「私は小学校の先生になりたいです。何故なら子供が好きだからです。」
「僕はしゃちょうになりたいです。しゃちょうになってお金をたくさんもうけて、いいくらしがしたいです。」

一昔前の子供たちは湯水のようになりたい「夢」があふれていました。今は「将来の夢」と作文を書かせると半数以上ペンが止まってしまうとか…今日の新聞に書かれていました。
獣医さんになるのには医学の国家資格を取らなくてはいけない。それには大学が必要。大学へ行くのにはお金がかかる。親は中堅サラリーマンだからそんな余裕はない。総理大臣=選挙で議員に当選するにはお金がかかる。ピアニスト=お金がかかる。小学校の先生=生徒が少なくなり先生あまり気味…もちろん大学いかなくては…。
しゃちょうなら貧しかったホリエモンもなれるから自分も「ITバブル」に乗れるかなあ?と思ってみたらば…掘りの中。

もう夢を書き綴る前に 将来を見据えてしまう子供が多くなっているそうです。ご主人の年間所得が1000万はないと「私立中学」は無理だとか…。なんだか悲しくなってしまいます。それ以下の父親はご家族に肩身の狭い思いをして仕事されているのでしょうか?お金で買える欲望を満たしていく時、無くして行く心もあるのではないでしょうか?

「貧しさ」の意味も変化してきているのでしょうかね?ほとんどの物が家庭に溢れちょっとした旅行もできるくらいの収入でも「将来の夢」は描けない。
お金で買えないからこそ「夢」なんだろうにね…。
目を凝らして見れば いろんなところにきっかけはあるはずです。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記