マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

シンドラーのリスト


魔のボックス「エレベーター」で若い命が絶たれた。
「死亡」が発生し 数多くの事故が明るみになってきている。
今まで封印されてきたらしい事故の数々…。
その事故リストは今や「シンドラーのリスト」と呼ばれ始めた。

本来の人を救ったと言われる「ナチスという強大な組織に、うわべは従順をよそおいながらも敢然と挑戦し、個人の力で千二百人を超えるユダヤ人を死の運命から救った男の物語」であるところの「シンドラーズリスト」の名前を汚してしまう新たな「悪魔のリスト」となってしまうのだろうか?

マルジンも今地域住民が利用するモノレールのお話が進んでいる。
昨日 発注元からこのエレベーター事故を危惧されて相談があった。
最終的に「所有者」となる人、あるいは団体の「点検の責務」についてである。
「モノレールも定期的に点検しないと事故があったら誰の責任になるのだろう?」
「点検費用を考えると近場の機械屋にやってもらうほうが安いが他の業者が手を加えたら誰の責任になるのだろう?」
「点検と言ってもタダではないしその負担(維持管理費)がばかにならない」
ご心配はもっともだと思う。
モノレールもレンタルされる機会が多いと「買ったほうが安いんじゃ?」と思われる顧客がおられて当然。そして自己所有になるとその後の「維持管理費」は抑えたいのは仕方が無い事か…?。
それが多少安全を脅かす事になっても…。

モノレールの事故も そういう「コストと安全」の間で起きているものも多い。その場合「誰が悪いのか?」
*製品上の欠陥ならメーカー
*設置会社、点検会社の設置、点検ミスであるならそれらの会社
*必要不可欠な点検を怠ってのことなら所有者

シンドラーのリストは真の責任者を赤裸々にするものになるのだろうか?
いずれにせよ、なんの罪も無い人の命が無くなってしまわないとこういう話が出てこないという…やりきれないことだ。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記