マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

あなたならどのとまとがおすき?


トマトのおいしい季節になりました。
ちょっとバテ気味の食卓にも赤いトマトのアクセント
さすれば ちーとばかり食欲が増してくるぞ!

福井県には「越のルビー」というおいしいトマトがあります。
福井県出身の作家津村節子さんが命名された「越のルビー」。その名にピッタリの鮮やかな紅色の輝きは、大玉トマトとミニトマトからバイオテクノロジーによって生まれました。ミディサイズにギュッと詰まった甘味が、ほどよい酸味とマッチしてフルーツ感覚のおいしさです。

けど、ちょっと高いです。




高くてもおいしいものを選ぶか?
安くておいしいものを探す手間を惜しまず選ぶか?
安くて無難な味のものを選ぶか?
まずくても安いほうがいいか?

買い手は色々な選択をするのです。

さて あなたはどっち?
「A」安いトマトから見れば高いけど味は悪くない。
「B」安いがお腹を壊す可能性が10人にひとりいるらしい。

買い手はこう考えます!
「A」に こう持ち掛けます。
「どこそこのトマトのほうが安いが その値段にならないか?」
そうもちかけると意外と 値引きしてくれるもんだから
調子に乗って「B」にも聞いて見ます。
「A」のところのトマトはうまくて安いぞ!
「B」は益々対抗意識を燃やし またまたそれ以上に値を下げました。
そしてまた「A」に持ち掛ける。
おもしろいように値段は下がっていきました。
そのうち「C」とか「D」のトマトも参入して大混戦…。

値段は崩れて行き 気がついたときには
何故かすべてのトマトの味が悪くなっていました。
そしてトマト屋は しらないうちに廃業していたのでした。

トマトを見ながら 我々の仕事にあてはめてみました。
昨日も今日も「低入札」とか「下請イジメ」とかのグチなお話を客先で聴いて なんだかトマトを見てもそんなことを考えてしまいました。

「A」「B」「C」「D」どれにも属したくないです。
誰も買ってくれなくても 頑張っておいしい「トマト」でいれば 誰か訪ねてくれるでしょう。
それが遅かったら鳥のえさにでもくれてやるべ?!
「E」社で行こう!E加減!










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記