マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

トヨタにもあった・・・欠陥放置


「いすゞだけではない!」という「誰も書けないトヨタ」という週刊誌の記事が掲載されていた事もあったが・・・
やっぱりあったのか?とうとう「トヨタの欠陥車を8年放置」
でかでかと報道ということになった。

熊本県警が11日、トヨタ自動車(本社・愛知県豊田市)のRV(レジャー用多目的車)「ハイラックス」の欠陥を知りながら、約8年にわたってリコール(回収、無償交換)などの改善措置を取らず、5人がけがをする事故を発生させたとして、部長とか3人を業務上過失傷害容疑で熊本地検に書類送検したとのこと・・・。
3人は1995年以降、リコールの決定権を持っていた担当部の責任者で、「重大事故が起きていなかったのでリコールを届けなかった」と供述しているということである。

テスト走行時に折れていたという話も出ている。
そういえば、マルジン社長もこの「ハイラックスサーフ」に乗っておりましたし、車高も高く現場での山道走行には利用していたのだ。

しかし・・・やはり今にして思えば 車高重心が高く雪道走行では恐ろしいほど安定感無く・・・町内の死亡事故もこの機種だったことがあった。
実は山道から落ちそうになった事もある・・・。

一番の気になる問題は「重大事故が起きていなかったのでリコールを届けなかった」ということ。
重大事故が起きていなかったかどうか?本当に確かめたのだろうか?
「起きていないはずだ」「重大ではなかった事故はあった」という事を なるべくさわらないようにしてきたのであれば それが「放置」というのだろう・・・。

世界に名立たる「トヨタ」
さて、どんな風にこの処理をしていくのだろう。
亡くなった方の命はもうもどらない。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記