マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

「とても幸せ」と思うこと
hana3

スェーデンに本部を置く国際調査機関の調査によると「幸せ」「だいたい幸せ」とあわせて「幸福感」を感じているかどうかというのは

イギリス
フランス
ブラジル
スェーデン
フィリピン
アメリカ
タイ
日本
ドイツ
韓国
ロシア

の順あるらしい。
日本の上に 政変続きで公の福祉をあてにできない国も含まれている。
日本では頑張って稼いで周りと同じようになって「幸せ」だと思い、フィリピンなどでは「家族がいて元気でご飯を食べられるかどうか」が基準になっているとか…。計る物差しが違うのが「幸福感」なのである。

国民の4割以上が貧困層の国では 幸せは遠くにある目標ではなく、ささいなことでも、今は幸せだと思わなくては日々を乗り切れない。「幸福感を持つことは自己防衛の手段」…困難を生き抜く知恵なのだと…。

「欲望の小さいところに幸せがある」まったくそうなのだと思う。生きることが仕事のような人達は欲望を膨らませすぎず、病気をなくし、子供が必要な教育を受けられる収入を得ることで「幸せ」を感じるのである。
そんな人達から見れば 日本は「気が遠くなるような幸せ」につつまれているのだろう…。
自分の「物差し」について考えながら忘れてはいけないものを 改めて感じた今日の「新聞記事」でした。
鈴木けんしん
こんばんは、鈴木けんしんです。
確かに幸せって何だろう???
コメントを書き終えたらひっそり考えてみます。自分にとっての幸せ・・・
2006/07/27(木) 19:07:15 | URL | [ 編集]
マルジンマン
今日も H県のお客様から「モノレールの積算で世話になって 絶対とりたかった現場だけど 低入札で流れたよ」と電話が入りました。
流れるのもあれば50%ぐらいで落札というのもあります。価格が先行して「かくかくしかじかの価格で頼む」ちゅー事を言われたりします。営業マンはなんとか要望に応えたいと言います。要望に応えるということは赤字を意味します。
赤字にしないためには固定費を下げるなどの処置が必要になります。
「固定費=給与」ちゅーことになると・・・
じゃ、マルジンマンはいったいいくらなら幸せなの?我慢できるの?

どうどうめぐりをしながら、顧客満足Vs会社の利益 を考えたりしています。
2006/07/28(金) 15:21:16 | URL | [ 編集]
鈴木けんしん
こんばんは。
顧客満足VS会社の利益・・・・
顧客満足が勝ってしまうのが現状。。。
次があるから!ないのに・・・
断るのも勇気ですよね!
でも会社の資金を回さなくては!!!
まさにどうどうめぐり。。
2006/07/28(金) 19:55:55 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記