マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

ひとにものを教えるのって難しい


子供たちを指導する力に特に問題がある教員の再教育に 各地の教育委員会が力を入れているそうな・・・。
04年度に「指導力不足」と認定された教員は566人とか…

大阪教育委員会の「教師の授業評価項目」(抜粋)で
・板書は見やすく、工夫しているか
・声は大きく、言葉はわかりやすいか
・副教材やプリント類に配慮しているか
・授業の目標を明確に示しているか
・授業が年間計画に位置付いているか
・次の授業へのつながりを示しているか
・授業の進度は適切か
・生徒の態度を見て授業を進めているか
・生徒の私語や居眠りを注意しているか
・教員の教える意欲が生徒に伝わっているか
と、いうものがあるらしい。
これからの世界を担う子供たちに一番多くの時間接するであろう教師。
「教える」ことが仕事だからね…ゆめゆめおろそかにしていただきたくはないものだ。

かといって 自分に置き換えてみれば・・・

後輩の指導とか言っても よほどの忍耐と工夫をもって当たらねば「ものを教える」なんてえらそうな事はできないと思える。
「声は大きく 言葉はわかりやすく」
「この仕事は 何故必要で 後の仕事にどうかかわっていくか?」
「聞く人の理解度に合わせ あせらず寛容を持って」
「社会人として 企業人として 不適切な言動・行動に対し きちんと厳しくあたたかく 注意し示しているか」
「意欲が相手に伝わり そして 自らも 意欲を持って教えているか」

子育ても 子に教えるのでなく 実は教えられるものだと思う。
多分 人とのつながりの中で 自らの思いを伝えるという事は 人の成長であるように見えて 実は自分こそ成長させていただけるものなのだろう…。
本当に難しいが 放棄することは何よりも避けねばならないと…肝に銘じよう。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記