マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

どんな経営書より「がばいばあちゃん」


昨日テレビで
泉ピン子主演「佐賀のがばいばあちゃん」の放映があった。
漫才師の「島田洋七」さんの原作を元にプロデュースされたもので、見終わってほんとにあたたかく自分も「よし!やるぞ!」とやる気が沸いてきた不思議なドラマだった。

本が日本だけでなく海外でも売れていて
昨年だけで140万部の売れ行きだとか・・・。

さもありなん!
「言って欲しい事、言いたい事、そうそうその通り!」そういうエッセンスがギュッと凝縮した一作だ。
泉ピン子も 映画の主演吉行和子と勝るとも劣らない
というか・・・
彼女の秀逸な代表作になるのではなかろうか?と思うほど適役だった。

何が素敵って
「卑屈じゃなく前向きなところ」

貧乏をからかわれる主人公(洋七の幼年時代)に
「くやしかったら貧乏になってみろ!」と言え!という。
素晴らしい??
こりゃいいわ!

いじめっこに相対する時
「ブタ」「デブ」「オバケ」そう言われても
「くやしかったら○○になってみろ!」
こんな切り返しができたら もう怖いもんなしだね。

他にもこんな名言がある。

嫌われているということは、
目立っているということや。

悲しい話は夜するな。つらい話も
昼にすれば何ということもない。

通知表は、0じゃなければええ。
1とか2を足していけば5になる!

葬式は悲しむな。
丁度よかった、しおどきだった

人がこけたら笑え。
自分がこけたらもっと笑え。
人はみんなこっけいだから。
生きていることが面白い。

なりふりかまうより、工夫してみろ。

人に気づかれないのが本当の優しさ、本当の親切。

ケチは最低!節約は天才!

「暑い」「寒い」と、うるさく言うな。
夏は冬に感謝し、冬は夏に感謝しんしゃい。

時計が左に回ったら、壊れたと思って
捨てられる。人間も昔を振り返らず、
前へ前へと進め!

世の中には、病気で死にたくない人が
いっぱいおるのに、自殺なんて贅沢だ。

今のうちに貧乏しておけ!金持ちになったら、旅行へ行ったり、寿司食ったり、着物を仕立てたり、忙しか。

本では生活が苦しく 泣く泣く子供を佐賀の母親に預け必死で働く広島の母親は 美しく美化されていたが、考えたら5年の間1度も子供の元へ顔を見せない薄情な親である。
しかしそういうおかしな部分を 深く追求しなくても余りある内容だと思う。

「世の中お金があるから幸せとは限らない。お金が無くても幸せを見つけられる人こそが幸せなんだよ」
ばあちゃんの言葉が胸に響きます。

マルジンの社長の日頃何度も繰り返す言葉もばあちゃんの言葉に似ている。
「どんな嫌な仕事、つらい仕事をする時でも どうせするのだから楽しくやれる努力のできる人とそうでない人の差は 一生のうちでは大きく違うよ」










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記