マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

モノレールの事故のニュースが飛び込んできた!
昨日 取引先から電話があり
「青森でモノレール事故があったらしいが マルジンさんは関係ないの?」とのこと・・・。
早速ネット検索
「17日午後1時20分 風間浦村 279号線でモノレール落下事故。8人ケガ」とのこと。
うっわ?っ!一昨年仕事した地域だ!
あわてて情報収集、まずはその時の元請様に…。
すると「うちじゃないよ!うちならマルジンさんに声かけるし、多分今年は○○さんじゃないかなあ?」

今日になると 結構詳しい記事が載ってきた。
******************
工事用モノレールが落下、8人けが
2007年01月18日

落下したモノレールの乗用台(手前)=風間浦村易国間で





17日午後1時20分ごろ、風間浦村易国間で、国道279号沿いの急斜面に設置されていた工事用モノレールが落下し、作業員8人が手や足にけがをした。


 大間署の調べでは、モノレールは、ディーゼルエンジンを積んだ牽引(けんいん)車の後ろに、作業員2人が乗った乗用台と荷台がついていたが、上昇中に乗用台と荷台が牽引車から離れ、約20メートル下の出発地点に落ちた。


 この事故で、乗用台に乗っていた作業員(26)が左手の中指を切断するけがをしたほか、出発地点で待機していた6人を含む7人が手足にけがをした。


 現場は、斜度約30度の急ながけで落石の危険があるため、県が防災工事を行っていた。モノレールの全長は254メートルで、事故が起きたときは、昼休みを終えた作業員がモノレールに乗り、作業現場に向かうところだった。大間署が落下の原因を調べている。
******************

「モノレール工業協会」も調査に動いているらしい。
マルジン使用の モノレール機種ではないのは写真でわかったが
不明な点が多い。
「何故 落下(暴走)したのか?」
*連結棒が破断しても 乗用台車にはブレーキ搭載が必須のはずだがブレーキがきかなかったのは何故か?
*連結棒が破断しても 補助チェーンが落下を防ぐはずだがなかったのか?
*歩道は人がルートに入らないように柵取りしてあるのに 落下先に何故6名もの人がいたのか?

いずれにせよ、今後の調査結果を待ちたいと思う。

マルジンも 今日は
「事故周知と念には念を入れての管理徹底」が 通達された。
他人事と思わず 連結棒の点検、ブレーキ点検!

安全は日々の積み重ねだ。











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記