マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

おまけしてぇ?な!


顔はなかなかスゴミがあって口は荒いが
ほんとは気の優しいお取引先の社長様… 
口癖のように「おまけしてぇ?な!」
言わなかったためしがないぐらい(苦笑)

197,800円のお見積があったとする。
必ず「高い」「まけて!」
で、こちらも色々と検討の結果
では「19万」でと、双方合意して仕事にかからせていただき終了!
請求が済み今日が支払予定日という日に
「お振込みお願いできましたか?」と尋ねると
「振込みなんかせんぞ?集金に来んと端数切って振り込むざ!」
イヤイヤ!それはイヤ!

まあマルジンから近いお客様でもあるので
集金にすっ飛んでいく。
すると事務所にどっかと座っておられる社長が
「おぅおぅ!来たんか!ほんでいくらにしてくれるんや?
 端数切って19万やな!」
「うっぷ!しないですって。お約束してる金額のままくださいよ」
「約束って…お前んとこ高いがな!おまけして?な!7,800円があかんのなら800円だけでも…」
社長の口上はまだまだ続く…。
業界の事、値段を下げないと受注できないこと、お客の意向を聞かないと仕事がもらえないこと。
この仕事も役所の「検収」が遅れて入金がまだの事。

そんならなおさらマルジンみたいな下請けに無理を言ってないで
「施主」様のところで談判してくるほうがどんなにいいだろうに…
「社長?っ!そんな何百円の交渉してないでどっか営業行きましょうよ!」まあ、色々な現状情報はこうやって伺うことでいただけるんですけどね…ふんとにまあ…。

関西系は「値切る」という行為が当り前!と聞く。
関西では交渉上手な人(口のうまい人!?)が得をすると申しましょうか?それによって人と人のコミュニケーションの活性化にも役立っているのかもしれません。家電製品なんかは「値切らず」買うなんてありえない様です。
おかしなもので 市場価格(表示)は関東より関西が高いそうです。と、言うことはもしかすると「値引かれる」からその分ONしてあるのでしょうか?
反対に関西では「家と食べ物」は値切るな!という風潮があるようです。だからか?関西の食べ物は安い気がします。

適正な価格は経営を維持していくために必要であって お客様に対し良心的な価格でなくてはいけないと思います。
そして一部の「交渉する人」にだけ「お得」な価格を出すような信頼性の無い「適正価格」ではないようにしなければいけないと思います。
だめだめ!えこひいきはしませんよマルジンは!
関東系でいきまっしょい!

<写真は おまけの社長近くの桜、満開です!>










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記