マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

コンバインの音♪高らかに!


雨も上がり 連日また「真夏日」となっています。
稲刈りも真っ盛り!華越前の早稲は収穫が済み
今度は「コシヒカリ」も始まった模様です。
あちこちで コンバインが稼働中で
夕刻 ライトをつけての作業で追い込みの農家も多いようです。
先週の雨で 結構 稲が根元から倒れ 田んぼ中がペタンと
紙の様に一枚になっている田んぼもあります。
コンバインで地面すれすれを這うように刈り込んでいくのは
至難の業ですしうっかり 土が付いたまま収穫となりますと
お米の品質も落ちますので 長い竹竿のようなもので
稲の根元を よっこらしょと起こしながらの作業に
なることもあります。大変な労力です。
コシヒカリはおいしいけれど 背丈が高く腰が弱いのが特徴で
「実るほど頭を垂れる…」ぐらいならありがたいのですが
収穫間近の稲の倒伏は 大きな打撃でもあります。
「たくさん収穫したいから」と肥料を多く与え 出来すぎて
稲穂がまだ青い頃に倒れ 地面にくっつきそのまま雨に打たれ
収穫時期には芽がでてしまう…という悲惨なこともあります。
コシヒカリだけでなく この時期の台風などの災害も心配の種です。



倒れた稲や コンバインで刈っていく前のあぜと機械の通り道の部分等
今でも人の力は必要です。
まったくの機械化ではないのです。
↑こうやって鎌が必ず必要になる時期でもあります。
稲刈鎌も地域によってさまざまです。
↑の鎌は 福井では稲刈りには使いません。(やわらかい草刈専用です)
こんな鎌で福井で稲を刈っている人がいたりしたら「あの人はな?も知らん人や」といらぬウワサをされるかもしれません。



↑福井ではこちらの鎌(「のこぎり鎌」とか「びっくり鎌」とか言われます)で稲を刈ります。
そして柄も 少々割高な「掛かり柄」というひっかかりがあるものが好まれます。いずれにせよ よく切れるし腰高で手元を見ないで稲の株を「ザックザク」とやっていると「ギャッ!」と手を切ってしまうことも…。

そんな風に「おいしいお米」が出来上がる為には 大変な手間ひまがかかっているのです。
「八十八」の手間ひまかけて…と言いますが 機械化されてもやっぱり人の手に掛かる部分が多く 農家の方は本当に大変だと思います。
週末にかけて台風が近づくような雲行きです。
あまり近づかず 被害が少ない事を祈っております。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記