マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

「柔よく剛を制す」のか?


「え?っ?こんな判定でOKなの?うっそ?!」こんな調子で 世界柔道は なんだかTVを見ていてももやもやしたものが晴れませんでしたが、最後に「金メダル3つ」と ようやく日本柔道の面目を保てたと言うか…。
やわらちゃんも「ママでも金!」やってくれましたね。
出場に関し「今までの功績」での選出とあって 勝たねば叩かれるというプレッシャーがあったことでしょう?ほっとされたと思います。

柔道の基本理念は「柔よく剛を制す」といいます。
オリンピックのような大きな大会でも小さな日本の選手が大きな海外の選手を投げ飛ばす姿を見ることがありました。まさに基本理念を体現した結果です。このアクションこそが柔道の醍醐味です。創始者が柔術を学び、それを独自に改良し、武道としての精神的な道を確立させ、柔道が誕生したということです。

最近では「○キロ級」という階級ごとの試合になり 有効とか指導とかなんだかまったく「基本理念」とはかけはなれた判定での決着が多く「武道としての醍醐味」が失われているように思います。まったくの「スポーツ柔道」というかかなり「スポーツレスリング」に似てきている気がします。

身体の大きい人に押さえ込まれ1本!
技をかけて1本が決まった後で 跳ね除けられ後のほうが1本!
殆どの試合が「組み合う事無く」終了します。
「剛よく柔を制し」ルールをうまく利用できる者に分がある「知恵よく柔を制し」そんな気さえいたしました。

「北風と太陽」のように 旅人のコートを脱がすのは「強い風」ではなく「暖かい日差し」英訳では「Gentle methods are often more effective than bruit force.」と言うそうです。やさしさは頑な心を説きほぐす…

柔道の世界だけの言葉ではなく以下の理念はどんな世界にも通じるものではないでしょうか?
<精力善用>
自分が持つ心身の力を最大限に使って、社会に対して善い方向に用いること<自他共栄>
相手に対し、敬い、感謝をすることで信頼し合い、助け合う心を育み、自分だけでなく他人と共に栄えある世の中にしようとすること

しかし この理念が柔道の真髄であれば どんな形にせよ変化していく競技ルールであろうとも「たくさんの人が親しんでくれればいい」と大きな気持ちでいたほうが良いということになりますね。
「あっそ!今度はそんなルールになったの?はいはいわかりました!」
どんどん変化を受け入れていくうちに また元のスタイルに戻ってくるかも知れません。

やわらちゃん「ママでも金!」おめでとう!

マルジンも ちょーちょー忙しいけれど頑張ります!
「金メダル」はいただけないけど 無事終了すれば ぜ?んぶ お「金」はいただけます。ありがたい事です。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記