マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

中越地震から3年


昨日 新潟営業所のI氏が
「今日で3年…」とつぶやきました。
当事者でないものは すぐに思い浮かびませんでした。
あの 中越地震から3年たったのです。

人や家屋多くの犠牲者を出し 3年後の年末
やっと避難生活の方すべてが避難所を出られるそうです。
マルジン新潟営業所の所員すべての自宅が何かしらの被害を受け、避難所での生活から自宅に戻られたお父さんが急に亡くなられた所員もおりました。
余震で子どもが怯え、しばらくトラウマのような状態だったとも聞きました。

そういえば 道路が寸断され自宅へも帰れない状態で 電力関係などライフラインの仕事をされていた人々は 何よりも仕事を優先されておりました。
マルジンは福井からも応援部隊が駆けつけましたが それでも対応しきれず お客様に「○日は地震で家屋が被害を受けた所員だけでもお休みを頂戴したい」とお断りを申し上げた際に
「私もそうです。会社のみな家に帰っていないので マルジンさんも申し訳ないが対応して欲しい」と頼まれた事を思い出します。
みんなが 同じ思いで復旧に努めた日々。。。

「石の上にも3年」
どんな冷たい石でも 3年も座っていると暖かくなる。ということわざです。そういう意味でも「3年」というのは あるひとつの区切りになるのでしょうか?復興はかなり進みました。しかし、この「3年」の間にも 大きな地震がまた今年起きてしまいました。それで2重に災害を受けた方もいます。

いつまでも覚えている事は またそれは前に進めなくなってしまいますが、「3年」というような区切りの際に 色々と思い返すことは 大切であり、また次の1歩の活力にもなる事でしょう。

つぎの3年までに 思い返しても悲しいことが多くないよう 心より祈ります。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記