マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

「おごり」の見返り
守屋前防衛事務次官と防衛商社の元専務(69)との癒着を指摘されている問題は やはり根深いものがありそうだ。
平成12年に施行された倫理規程では、利害関係者とのゴルフなどを禁じているにもかかわらず 頻繁にそれも100回以上接待を受けていたらしい。「その度に1万円を支払った」…の「支払わない」の言っておられるそうだが。。。
そもそも「ゴルフ」って イギリスが発祥の地であり ルールはもちろんのことマナーを守ることが非常に重視されるので「紳士のスポーツ」と呼ばれているはず、プレー代まで「奢ってもらって」やるスポーツなのだろうかえ?
20071026.jpg

守屋氏は ゴルフ後の飲食も接待されていたらしいし、「山田洋行」の納入に関しても口利きしていたようだし、その見返りもあったらしいとのこと。今朝ほどのニュースだと久間元防衛大臣も 飲食接待を受けていたとか…。「誘ったのだから誘ったほうが払うのが当り前でしょ?」みたいなお応えがあったそうだが…
まるで「おごられ慣れているお調子者の部下」のようなコメントでまったくあきれてしまう。

「おごる」「おごられる」
こういう事は 利害関係も含め それこそ「倫理」「人間性」によるものだろう。
「ごっちゃんです!」のお相撲さんしかり、
余裕のある人がこの人と思う人をひいきにして盛り立ててやる。「おごってるほうはいい気分」「おごられる人もお金は一切払わなくていいのだからいい気分」
そうやって一芸に秀でた才能を「芸術やスポーツ」にしろ伸ばして応援に応えてきているスポンサー的関わり方もある。

何かしら「期待するもの」があっての「おごり」で 上司が部下に対しておごるのは慰労もあるけれど「俺のやりやすいように働いてくれよ」という期待感があるだろう。
女性相手だとまた違った「期待感」があるのかもしれないが…。
(あれ?っ!お代官様ぁ?
いずれにせよ 何度か接待が続くと「おごられっぱなしではなんだから…仕事でも回しましょうか?手心を加えましょうか?」という行動に進んでいくというのは 有り得る話だろう。

だからこそ「倫理感」が必要なのだ。
こういうものが欠如している人が 日本を動かしていると思うだけで腹が立って悲しくなってくる。

じゃ、お前はどうだ?と聞かれたら
100%「シロ」とは言えまへん。
何故なら 何億も関わりあってる人の「悪行」と比べたら些細な事かもしれないが…
地域役員の時 色々な企画の補助金の中から最後の慰労会の足しになるよう費用捻出をしなかったか?子供会の行事で「何かの時に」とプール金を捻出しなかったか?
そう言われると「慣例となってあった!」のだ。
50万ほどの補助金のうち1?2万、あるいは「助け合いバザー」の売上げ少額計上等。。厳密に1000万だから悪くて1万だから良いというものでもないだろう。

マルジンはどんな人間(法人)だというと…
おごるのは「結構好き」
(よっしゃ、おれについて来い!)
で、おごられるのはあんまり好きじゃない。
人に借りを作りたくない。
(でもお金は借りちゃうけど…銀行様から)

お客様商売なので そういうおごり(接待)はよくある。
色々な「おごられ方」も見てきている。
ひとつひとつあげるとキリがないけれど
代表的な「おごり」のスタイル、マルジンイズムとしては…

<その1>
取引キーマンとされる人があらかさまに「おごり(リベート)」を請求する場合、絶対動きたくないっ!
(何故なら おごりで動くキーマンはまたそのレベルで心変わりするから)
<その2>
ゴルフプレー代は 自分で出すべし!
(何故なら それが紳士のスポーツだから)
<その3>
利を与える相手にもおごっちゃう?
(何故なら ギブ&テイクで 何かは与えてもらってるので)
<その4>
来てくれる人を接待す
(S&U会議は 半分会議だけど後は温泉でマルジン学芸会?を見ていただく。特定のお客様だけでなく来て下さった方全員を対象にしている)

そんな接待(法)人生の中で印象深いのは S様

「今日は飲もうぜ」とお誘いいただき
色々お話伺って 仲良くなれたらと喜んで了解したところ
部下の方6人ほど引き連れての飲食となった。
「うわ?っ!キツイなあ、財布大丈夫かな」と少々心配。
ところが…
「じゃやるか!」と割り箸を人数分出してこられ
1本だけ黒く塗り…「さー引いてくれ!」???
なんと、引き当てた人の「おごり」だそうな。。。
みんな真剣である。
その時引き当てたのは 中堅どころの部下の人だったそうな。

ご心配なく Sさんからの要請で
「マルジン君のご意向で カンパ金を2万ばかりいただくから、さ、御礼を言って!」と仕切り、また自身も当選者?にこっそりカンパを出されていたそうな。。。
それは「S会」と呼ばれ 恐怖のゴチバトルのようでいて とても楽しい宴席だったらしい。

こんな「おごり」ってほんとにカッコイイ!と思う。
大好きだ!











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記