マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

ツバメも楽じゃない
200805121.jpg

ツバメの巣作りする時期になっている。
マルジンにも以前飛来し
巣作りしたことがあった。
糞はきたないけれど なんだか愛おしく
「ツバメのために朝早くシャッターを開けてやるマルジンマン」
「帰ってくるまでシャッターを閉めないマルジンマン」
に見守られて 子育てした事があった。

過去形なのは
翌年、多分「セキレイ」だと思えるが
白黒の ツバメより少し大きい鳥に我が物顔され
追い回されて
(かなり縄張り意識が大きいらしい・・・
 先に来ていたのはツバメなのに・・・)
もう マルジンでの巣作りはあきらめたらしい。

20080512.jpg


ツバメは1?2年ほどの寿命らしいのに 
毎年同じ場所へ戻ってきているように思うのは
修復しながら何年か使い続け、
その巣を使うのは前年と同じツバメかその子供といわれているそうだ。

人間をガードマン代わりに利用して、人がいつもいるところ、
人の出入りが多いところに巣作りする。
人がいると 巣を奪うスズメや卵や雛を狙うカラスなどが近づかないことから、
力の弱いツバメは人間の近くで営巣することにより
その非力をカバーしていると考えられているそうだ。

意外に多かった「ガソリンスタンド」での巣作り
これが今年は様相が変わっている。
廃業で取り壊されたスタンドに戻ってきたが 巣は無く・・・
それで お向かいの「荒物屋」の店内に進入!
手を伸ばせば 届くような低さの天井に巣作りしている。
店の中は 意外な侵入者に寝ているどころでない飼い猫との
大格闘で とんでもない状況になっている。
それでも 頑張って巣作りしてるんだ。。。
多分 幾組ものツバメが 住処を変えるために
日夜努力をしているのだろう

あちこちで ツバメを取り巻く環境も変わってきている

セキレイを追い掛け回して
なんとかツバメに安住の地を・・・と頑張ってたマルジンマン
結局 うまくいかなかったけど

また ほとぼりが冷めた頃 おいで!
今度は また何か解決策を考えるからね!










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記