マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

金慢ブラザーズ
20080918.jpg
リーマン・ブラザーズ
アメリカのニューヨークに本社を置く大手投資銀行及び証券会社で、ドイツから来たユダヤ系移民、ヘンリー、エマニュエル、マイヤーのリーマン兄弟によって1850年に創立されたと聞く。
9月15日 日本で言う「民事再生法」の適用を申請し 事実上破綻した。
年収800億円の社長は バリバリの傲慢社長だったという話で メディアの一部からは
「金慢ブラザーズ」と揶揄されるほど 今の倒産に対しても同情する人は少ないと言う事を伝えてもいる。
倒産がわかった時点から
リーマンの社員はビルから続々と箱のようなものを携えて出てきている。
そこに群がるのはマスコミばかりではなく ヘッドハンティングの同業者も・・・。
「有能な人材」を獲得する為!らしい。

ほぉ???っ!「有能」ねぇ。。。
どうやって「有能」かどうか見極めるんだろう?
とても不思議な気がした。
多分 迎え入れる企業にとってプラスになる人。
プラスとは?
むろん「顧客情報をしっかり握り即戦力で成果をあげれる」ということだろう。

その光景を見て
先日マルジンにあった電話を思い出した。
その電話は とある顧客の担当者からだったのだが・・・。
「こんにちわ○○です。以前■■にいました。
その切は御迷惑をおかけしました。」
うわ?っ!7年ぶりに声を聞かせてもらいました!
7年前「倒産」された会社に籍を置いておられた方だった。

時折ある。現場で違う会社の担当としてばったり!
新しく会社を興して 電話や通知が届いたり・・・
倒産するとやはり次の職は まずは同業関係になるのだろう。
それも「有能?」だと すぐに次の職もあるのかもしれない。
しかし 新しい仕事場では
ある程度の結果(有能の証明)を出していかないとツライところだと聞く。

大学卒業していきなり初任給が30万以上だったらしいリーマンブラザーズ。
結局 多くの人(投資家)の大切な財産を食いつぶした事は その現場にいた人間として いくら社員とはいえ謙虚な気持ちで これからを生きて欲しいものだと思う。
「その節は御迷惑をかました」
アメリカ式では 流行らないかな?そんな人情モノ。

マルジンはと言えば 昨日入社試験でした。
来春卒業予定の ピッチピチの若者。
選ぶのが申し訳ないほど いい感じの・・・
(面接担当官いわく)

「傲慢」「金慢」とは無縁ですが・・・
「マルジン慢ブラザーズ」として
人様に迷惑をかけず
ちょっとは「ありがとう」って感謝されるような
そんな仕事をして
いっちょまえに一緒に唱えよう!
「王道を歩むぞ!」って。













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記