マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

汚した水を美しく?
20090123.jpg
マルジンはモノレール事業で
「早くやってくれてありがとう」
「遠いところを何回もありがとう」
「若い人が頑張っていて気持ちがいいよ」
「おかげで仕事がはかどったよ」
とか 褒められるとすごく嬉しい。

困っている人の為になっていると・・・
そういう誇りみたいなのが湧いてくるから

水の事業も
駆け出しだけど
「水で困っている人の役に立つ」と
そういう気持ちで頑張っている。

でも・・・BODという数値がすごく高い
それだけ汚した水を
神が簡単に美しくしてくれるはずが無い。

でも こうやって続けていると
だいぶ「汚水浄化」という事業の実態も
結構わかってくる。
「完璧」はなくて
かなり胡散臭い事業者も多そうだ。
たいがいプラントにアドバイスする
「先生(顧問)」みたいな人がついているのだが
アドバイスだけで
責任は初めからないので
うまくいったら「先生のご指示のお陰」で
そうでなかったら「もとよりアドバイスだけ」
自分の履歴には成功事例だけが残る・・・みたいな。

マルジンは
お客様と相対する。
成功は共に喜び
失敗は逃げずに責任を持ちたい。
モノレールでもそうだ。
何かトラブルが発生しても
「誰が悪い」「指示に従わなかった」
「メーカーの機械が不良だ」
・・・そんな事は後の話。
まずは お客様の仕事へのスムーズな復帰が一番。
現状復帰に率先して向かう。

水の事業でも
その姿勢は変える事はないだろう。

モノレールも誰に教わると言う事無く
いろいろなことに対応しながら今日がある。
日々が修行
そう考えれば
水の事業も「責任ある」マルジン方式の
確立は夢では無いだろう。

お客様の後押しがあるからこそ
まだまだ頑張れる
たくさんの人たちとの繋がりが増えて
湧いてくる新しい困難も立ち向かえる。

そんな私たちに神が
少しだけ自然にお手伝いさせてくれる
そう信じて。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記