マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

モノレールで熊野古道が・・・
「マルジンさんじゃないのけ?」
そう思われても仕方ないぐらい
そっち方面(熊野地方)は よく伺う。

全国版にニュースが流れ・・・
思わず びっくりした。
「うっぷ!わが社かえっ????」
みずからも 最初「ぐるぐる」思いをめぐらしたが
ネットで写真を見ると
「現在この場所にでているモノレールはない」
「この台座はなんじゃらほい?
 N社の部材じゃないな?」色々 推測。

200902101.jpg
↑「熊野古道:大辺路「しし垣」破壊」
JR西日本和歌山支社
JR紀勢線脇の斜面で落石防護ネットを補強する工事のため、資機材運搬用のモノレールを5日に設置した。世界遺産地域で現状を変更する工事や、古道で一定規模の工作物を新築する際には事前の許可申請が必要だったが 熊野古道であると認識せずに施工業者は、古道にある高さ約50センチ、幅80?100センチの「しし垣」と呼ばれる石垣にモノレールの支柱をハンマーで打ち込み、4・5メートルにわたって壊したそうだ。立木8本も伐採。古道を横切るように渡す際にも、支柱を古道に打ち込んだ。モノレールはJR紀勢線付近から、斜面の頂上まで約110メートルのうち約70メートルが敷かれてしまった。

200902102.jpg

製品モノラックメーカーもNHKのニュースでびっくり!
「マルジン」じゃないのか?とまず最初に思ったそうだ。

マルジンとて ここをこういうように施工して欲しい
と、言われれば設置してしまう可能性はある。
ただ 設置前の立会時に必ず
「地権」「伐採木の確認」「埋設物」「特別指示」等の確認を
順じ記入する「立会表」がある。
その記入が 何人かの目に留まるとき
「以前 国有林でこういうことがあった」
「埋設物は こんな注意が必要だ」
「このルートは避けたほうがよい」
とかいう 変更案が出ることがある。
それが 経験値というものかもしれない。

効率優先!
今の時代 少しでも安く仕事をしてくれるところを
優先して 利益を出していこうというのは
仕方が無いのかもしれない。
安くてもよい仕事をする。
何かあったときは 何はともあれ
お客様と共同体だという事を忘れず 復帰に尽力する。
そういう姿勢は忘れていない。
そんな業者(企業)が 残る事が許されるのであろう。

他人事と思わず 気をつけよう!










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記