マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

おいしいお刺身
20090329.jpg
福井へ転勤してきた人
または結婚などで福井に住むようになった人
「こういうところに驚いた」というひとつが「食べ物」
米、海産物、蕎麦、水、お酒・・・

お刺身のおいしさも 都会では味わえない(断言する)おいしさだ。

私の住んでいる地域のスーパーで
鮮魚コーナーで刺身の盛り付けを副業にしている知人から
びっくりする話を聞いた。
そこは 何件もスーパーがひしめき
買い物客にとっては
「○○は野菜が結構安くて新鮮」
「○○の魚介類は古い」
「○○の品揃えは最近手を抜いている」とか
評価をしたくなるような競合ぶりである。
知人のスーパーは 新参ではあるが
午前中の安売り、ポイントのつけ方、卵サービスなど
いろいろ工夫しているところから 人気店であろうと思う。

開店当初
「刺身がおいしい」
「富山港から新鮮な魚介を仕入れているらしい」とかで
結構 特色があったと思うが
最近 食卓に少ない量の刺身が並べられても
のこる事が多くなっていた。

そういう時なのか?
内部では 色々あったらしい。
店長が「店の方針」として
少しでも「薄く」刺身を切れ!とのお達しがあったとか。
「顧客は敏感だ、そんなことをしたら離れていってしまう」
社員ではないが 彼は反発し抵抗したそうである。
いくら説明しても「薄く」の一点張りで
聞き入れてもらえず、
泣く泣く 薄く切った刺身を店頭に並べたが
仕事をしてもおもしろくなく・・・

そして・・・

さて 続きは また明日!










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記