マルジンマン日記
マルジンマンのマルジンマンによるマルジンマンのための日記。 立会うぜ密林を!施工するぜ絶壁を!! 道なき道をレールでつなぎ、心と心を気合でつなぐ、 そんなマルジンマンの日常をお楽しみ下さい♪

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 最近の記事

■ フリーエリア

■ フリーエリア

お仕事ブログランキング  結構いい線いってます! ちょいとクリック!!↓ お仕事ブログランキング ↓人気ブログランキング ポチッと!! banner2.gif 人気ブログランキングへ

■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

杭打ち機倒壊!他人事でない!
20090415.jpg
大変な事故が起きてしまった。
14日午前11時10分ごろ、東京都千代田区麹町の工事現場で、くい打ち機が倒れ、一般の人々を巻き込んで負傷者が出た。白昼都会の真ん中での事故。
元請の建設会社の今日の謝罪会見で事故原因について質問が集中。 資材をつり上げたウインチについて、当初は「掘削機をつるすメーンウインチを使った」と主張したが、会見後に補助ウインチを使ったと訂正。資材の重さの説明も食い違い、会見は紛糾して2時間以上も続いたそうだ。 

クレーン、杭打ち機は重心が上部にあるため、今までも現地状況、使用方法等の原因で倒壊事故が発生しており、民間の家を直撃、死亡されるという痛ましい事故も思い出されるところだ。

ビルを建てる前の杭打ちではあるが
そのビルの規模に合っていたのかどうか?
地盤も緩めであり ゆるやかに傾斜がある地形らしい。
鉄板は充分な強度を保っていたのであろうか?
傾いたら作動するはずの安全装置はどうだったのか?
これから解明されていくのだろう・・・

「マルジンだって同じだね」
他人事でない!と事務所で話していたところだ。

モノレールには
積荷の重量や形状にあった機種がある。
軽量から重量タイプ。
その「最大積載量」というものは
どうやって決まるのか?

「500k」「750k」「1t」「1.5t」「2t」・・・
「最大積載量 2t」と 明記してあったら
誰しも2t積めると思うであろう。
う????ん
じゃ・・・傾斜何度で??

牽引力で言えば
そりゃ?
角度が無いなら力はありまっせ!

要するに
今までどの傾斜で積載量を提示するか
統一されていなかったので
30度で、35度で、45度でと・・・
表示とメーカー各社まちまちだった。

3年前に 統一傾斜での表示をしようと決まり
45度での傾斜での最大積載量表示するようになった。

しかし・・・
未だに設計表示が統一されていないのが現実だ。

予算が無いから
安値でも受注したいから・・・
利益を出すために・・・
赤字にならないために・・・
手持ちの機種で間に合わせたいから・・・

本当なら機能上必要であるはずの機種の
ランクを落とした機種を使用することで
価格を抑える、そういう薄氷の上を歩くような
危ない競争が充満している。

モノレールが使用されるのは
山岳地がほとんどで
一般市民が巻き込まれる事故というのは
想定外ではあるけれど・・・
実際、民家の裏山での設置もある。

規定以上の積荷が落下したら・・・
そして不幸にも民家を直撃したら・・・

麹町の事故は本当に他人事ではない。
「事故があってからでは遅すぎる」のだ。
設計者も、発注者も、受注者も、モノレール業者も
この事故を 自らと思い真摯に受け止めて欲しい。
私たちも受け止める。。。

人の命は お金では買えないのだから












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ マルジンマン

マルジンマン


copyright 2005-2007 マルジンマン日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記